スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッチー

先日の講習会で「縦の響きを大事にするか、横の流れを重視するか」弾き比べをしましょう、
という話になった時、先生がある曲を例に出して
「この部分で横の流れを重視するのは、私にとってはキャッチーじゃない」と仰いました。

「キャッチーな音楽」という言い方はよく聞くけれど、何となく流していました。
catchの仲間だろうな、ぐらいに。

キャッチーとは
「受けそうであるさま。人気になりやすいさま。特に音楽で、旋律が覚えやすいさま。」
人の関心をつかむような、印象に残る音楽ということかな。

自己満足だけで終わらず、聴いてくれている人を意識して演奏して欲しいと思います。
キャッチー。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。