スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄筋で子ども達の真似をしてみよう

注文していた鉄琴が来ましたよ。
カラフルでカワイイのと、音程が正確なことも大事な要素です。

教えて頂き即購入してしまいました!

音のしっぽ(響き)が聞こえていない生徒の為に使う道具です。
音が響いたり響かなかったりが叩き方で伝わりやすい。

小さいのでピアノの上にも乗せられてレッスンで使い易いのです。

ダンパーペダルを踏んでグランドピアノのフレームを叩くのと効果は同じ。
あれこれと手を変え品を変え、子ども達に伝えるのです。

ついでに今の音は何だった?(音名は?)
と聞くと、答えられない生徒に大袈裟に「集中して聞いてないのね。」とがっかりして見せるのでした。

簡単な絶対音感が身についていることが前提ですけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。