スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファゴットとアンサンブルをする、ということ

モーツァルトのファゴットコンツェルトをはじめて聞きました。
K191だったかな?

ピアノコンツェルトとはあまりにも違うのでびっくりしました。
協演(競演)と言うよりも、ファゴットが演奏する時はオケが伴奏に徹している感じ。
その時、オケが主張することは一切ありませんでした。

本来、ファゴットはあまり音量が出ないので、支えを素敵に響かせる役割を担うことが多いそうです。
舞台の上では、もっとファゴットの邪魔をしないように演奏しなきゃ。

とっても勉強になりました。聞いて良かった!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。