スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習の仕方を変えてみよう

中学生活がはじまって半年が過ぎた生徒さんから「悩みがあるねん」と。
学校で何かあったんかな?
と少し心の中で不安になりながら聞いてみると「練習する時間がない・・・」とのこと。
部活に毎日行って、塾に行って忙しい中で練習しようと思ってくれるだけでも嬉しい!!

と言うと「なんや、練習しなくても良いのか♪」と思うようなので、ここだけの話に。

なので・・・
私は彼女の楽譜をまず5等分しました。
そして練習時間が20分しかないとしたら、20分でタイマーを合わせて、練習1日目は1番目、2日目は1日目の所を1度ひいてから2番目を練習しよう。
決して1日で最初から最後まで全部を弾こうと思わないで。
もし20分のベルが鳴って、計画していた所まで出来なくても、延長してやらず、出来た所まで印を付けて明日に回してね・・・と。

試験勉強をする時に、試験範囲を全部1日で読んでも、覚えてないことの方が多いよね。
少しずつやっていかないと覚えられないのと同じで、ピアノも弾けないんだよ。
ポリーニというピアニストは1度弾いただけで暗譜できるらしいけど、私達は無理だよねぇ〜

ピアノをはじめた頃から練習方法については、何度も実践してもらっているつもりだけど、子ども達に定着するまではなかなか難しい・・・
でもこのままじゃダメだ、と本人が思えた時、次のステップに進めると思っています。
それまで気長に伝え続けることも私の仕事の一つです。

と言いつつ、私はせっかちなので、もっと早くステップアップして欲しいなぁと欲張ってしまいます。
私も子ども達と一緒にまだまだ勉強しなくちゃ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。