スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェスティバルではこんな曲を演奏しました。

本番の動画がないので

最後のリハーサル時での演奏をアップします。
メリハリが少ないなぁ〜

クラシックしか演奏したことのない私にはチャレンジで
ギリギリまでリズムの練習をしていました。

ジャズは聴くものですなぁ(笑)

ブギ・プレリュード
スポンサーサイト

ギロックフェスティバル2015が無事終わりました

ギロックフェスティバル2015が終わりました。

主催者側がこんなに大変だとはぁ〜。
昨年お客様側として参加したときは
こんなに大変だとは想像もできませんでした。

全国の先生方の温かい応援と素敵な演奏、
そして仲間に助けられてステキなフェスティバルになりました!

プログラムの印刷はプリントパックに!

明日はいよいよギロックフェスティバル本番。

今回のイベントで始めて使ったプリントパック。

普段使っているブラウザSafariでは注文できず。
GoogleChromeをダウンロード。

A4サイズで作成した原本をA5にするには
zip圧縮で原稿を送信。
テキストで用紙の配置を指示。

はじめての事だらけだったけれど
とても素敵な仕上がりになりました。
紙も十分すぎるぐらい上質です。

これからの発表会に使えるな~
楽しみが増えました。


大袈裟な表現をしてインパクトを与える

子ども達にやってもらいたいことを伝える時
わざと大袈裟に言って、印象に残るようにします。

最近気に入って使う言葉が
「鍵盤に突き刺す」です。

鍵盤に対して指をまっすぐ入れて、と言ってもなかなか伝わらない。
だから私はその上を行く言葉を探します。

でも、こういう言葉ってすぐに見つからない。
ぴったりの言葉を見つけた時「やったぁ」と思います!

音楽用語も、レッスンで私が使う言い回しも子ども達には
「先生との秘密の言葉」って言ってます。

なぜパソコンの前にずっと座っているかというと…

ギロックフェスティバルまであと1週間なのです。
ギロックさんというアメリカの作曲家の作品が大好きで
彼の作品を素敵に演奏したい、指導したいという先生方の集まりです。

このフェスティバルの為にこれまで、

・ギロックフェスティバル開催のご案内とビデオレター作成のお願い
・来賓の方の招待状
・作業分担表
・プログラム校正
・タイムスケジュール
・席次表
・名札作り

今回のイベントに必要なパソコン作業をしてきました。

会費をお支払い頂き、全国からお越し頂くので適当なことはできない。
誤字脱字も極力減らしたい。

細心の注意が必要な作業の連続でした。
でも、それもこれもあと1週間で終わり。

これから1週間は、できるだけ練習時間をとってイベントを成功させたいです!



なぜこんなに頑張っているかというと
10年前に知り合ったK先生のお役に少しでも立ちたいこと
そして、自分の教室に活かせればいいなぁと思うからです。

特にビデオ編集は、ホームコンサートや発表会で活躍しそうですよ。
イベントが終わったらアプリの使い方を詳しく教えてもらってきますね〜。

読み聞かせの楽譜、再び。

12月のホームコンサートには
やっぱりクリスマスの曲も弾いてもらいたい。

最近、パソコンの前に何時間も座っているので
ちょっとした合間に楽譜を買ってしまいます。

この楽譜もなかなかステキ。
全然知らなかったけれど、かなり昔の楽譜です。

ホームコンサートの準備の時期です。

毎年、12月のホームコンサートの練習は大体9月からはじめます。

連弾したり、変奏曲を弾いたり、ゲームをしたり~。

部屋が狭いので昨年は4部に分けたら、私の集中力が切れそうでした(笑)

私が一日ぐらい壊れても構わないけれど
寒空の中、外で待たされた子ども達に申し訳なかった…。

今年は市の多目的ホールをぜひ借りたい!

ストーリーのあるプログラムにしたいなぁ。

選んだ本がこの二冊。
どちらも読み聞かせの物語が付いています。

これを突破口に!

ハンドベルの鳴らし方

簡単そうに見えるハンドベル。

でも実は、一音出すのもなかなか難しいのです。

先日、ハンドベル経験者の先生にご指導頂いて以来毎日音出しをして
やっと最近、コンスタントに音が出るようになって来ました。

5分程ハンドベルを振っただけで二の腕が痛い(笑)

ピアノの構えと実はよく似ている事もわかってきました。
背筋の使い方、脇とボディの空間の保ち方…。
これはレッスンに使えるぞ~。

そう思うと、私の練習テンションもうなぎのぼりです!

「ルービールー」ってどういう意味?

バスティン教材「ピアノパーティーD」に入っている曲です。

パソコンのローマ字入力を練習しているというので
S君に「調べて来て」とお願いしました。

そしたら、すぐに調べて来てくれたんです。
「イギリスの子ども番組のキャラクター」だよって。

ありがとう!助かったよ〜。

さて、ここからは私の仕事。
ルービールーのスペルは『Looby Loo』ということがわかったので
Yahoo UKで調べたら、こちらの映像が見つかりました。

本当に同じ曲だ〜♡
→Looby Loo

読譜力ってプチ成果の繰返しです。

毎回、レッスンのはじめに同じことを聞きます。

「線の音は?」→そしれふぁら どみ そしれふぁら
「間の音は?」→ふぁらどみそ しれ ふぁらどみそ

聞かれるのは週1回なので、生徒さんにとっては毎回、新鮮らしい。

年中さんも、ちゃんと言ってくれます。
これをはじめてから、ヘ音記号の読譜力がぐ~んとアップしました。

昔、ピアノを習っていたお母さんは感動して下さいます。
「そうやって楽譜を見るんですね~」と。

「繰返し」って大事だな!って思うことの一つ。
ピアノってプチ成果の繰返しで、でも1年経ったら大きな変化なんです。

ハンバーガー

ピティナコンペを聴きに行きました。②

一生懸命練習して、あの舞台に立っただけでもみんなエライ。ピティナコンクール本選。

今年何度も聞いた、テュルクの「ソナチネ」(子どものバレー)と
安倍美穂さんの「はにかみやの一番星の舞」 (組曲「宇宙のダンスフェスティバル」より )は
生徒さんにも弾いてもらいたい。

素敵な曲に出会えたなぁと思います。

ギロフェスではマジシャンのようなおもてなし⁉︎

支部で衣装を統一する為に、キラキラのベストを着ることにしました。

マジックのようにステキなおもてなし、そして演奏ができれば…

演奏は毎日の練習の積み重ねしかないな…
あと少し頑張ろっと。

ギロックフェスティバルまであと少しです。

毎年、私が所属するギロック協会で行われるフェスティバルが今年も8月29日(土)に開催されます。

ギロック協会は、W.ギロックというアメリカの作曲家の勉強会&ファンの集いのような所。


今年は私が所属する支部が主催でそのギロックフェスティバルをするので、最近、夜な夜なパソコン前に座っています。

プログラムの表紙の校正ができました。まだ字体で迷っているけれど~。

プログラム原案を考えた先生のイメージを崩さないように、そして大きなイベントなので、協賛や後援の方のお名前漏れ、誤字脱字のないように、細心の注意を払って~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。