スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教室内でのLINE活用法です

発表会前になっても、間違えて覚えてしまったリズムが直せない時。

参考にする音源がない時。

iPhoneで部分的にビデオ録画し、LINEでお母さんのスマホに送ってあげます。

そうすると、お家でも録画を見て練習することができます。
ワンポイントで撮ってあげるには手軽で便利です。
スポンサーサイト

理想の玉ひも練習が出来ている時の私の感触

小さな子供たちには、必ず玉ひも練習をレッスンの開始時にします。

それで、何も教えてないのにとっても上手な生徒さんがいるんです。

タコの吸盤のように、どこまでもくっ付いて来るのに、上腕や手首はしなやか!

スゴイッ!!

子ども達全員に、このしなやかさを伝えるにはどうしたらいいのかな?

ファゴットとアンサンブルをする、ということ

モーツァルトのファゴットコンツェルトをはじめて聞きました。
K191だったかな?

ピアノコンツェルトとはあまりにも違うのでびっくりしました。
協演(競演)と言うよりも、ファゴットが演奏する時はオケが伴奏に徹している感じ。
その時、オケが主張することは一切ありませんでした。

本来、ファゴットはあまり音量が出ないので、支えを素敵に響かせる役割を担うことが多いそうです。
舞台の上では、もっとファゴットの邪魔をしないように演奏しなきゃ。

とっても勉強になりました。聞いて良かった!!

リハーサルの為のプログラムを作る

この週末に開催するリハーサルのプログラムを作成しました。

すごく気を付けているのに、どうしても誤字脱字をしています。

あ~何でだろ?
集中できてないのかなぁ~。
こういう作業は実は向いてないのかな?

弾けたつもりになっています

本番1週間前です。
ちびっ子達はみんな名ピアニストの気分になっています。

反抗期も重なってお母さんや先生のお話も聞かない~

「そんな演奏したら、弾けない子だと思われるよ」と言うと必ず泣いてはります。

先生とお母さんの話を聞いて、あと1週間頑張ってね!

「山の小人のセレナーデ」に手を出してみました

カスキと言えば「激流」か「秋の朝」かなぁと思っていたのですが、たまたま「激流」の隣に収録されていた「山の小人のセレナーデ」が和音の練習で面白そうなので手を付けてみました。

思ったより弾きやすいし、クセになる楽しい曲です。
「激流」だけでは、レッスンに行きにくいし「秋の朝」をはじめるとレッスンに行くのが遅れそうだし・・・。
という大人の事情もあり、短い小品に手を出したのです。

でも、あと1小節がモシャモシャする。ここだけなのにな・・・

手に入れましたよ、購入組のお手玉

手芸の得意なお母さんなら作ればいいし、それほどでもないお母さんは購入すればいいと思います。

みんなが作らなければならない、というのは苦痛ですね~。

一般的なお手玉と同じ黒色だけど、可愛いです。

お手玉に使って下さい

あっ、もう27日になってしまいました。

手作りの得意なお母さんからの頂きものです。

ピアノ指導の小道具であるお手玉の中は、ポップコーン豆。

どこで手に入れるのか、私には予想もつかなかったけれど、さすがにお母さん方は、よくご存知なんですね!

横の動きと縦の動きを見よう

今、プチ・エルで藤井隆史先生のエチュード講座がありました。

朝からドビュッシーのエチュードを演奏されるなんて…凄すぎる。
私は朝でも夜でも弾けませんけど。

エチュードの中で、アルペッジオの横の動きを取り上げてお話をされていたけれど、

「ここのバスの支えが絶対欲しいよね」
「ここの調性から調性へ移るハーモニーが…」

結局、縦のハーモニーが気になる様子でした。

どっちも大事なんです。

ブルグミュラー「アラベスク」の中間部で、私と音量のバランスの取り方が違ってて、「これもいいなぁ」と。
音質が素敵だから可能性が広がるんだろうな。

心のビタミンをもらった感じです。

今日は、プチリハーサルの日。
急いで帰って仕事しよう!

お部屋のメンテナンスに来てもらいました

床や壁のメンテナンスに来て頂きました。
床の部分的な張替やコーキング処理など簡単な事から、少し大掛かりなことまで。


職人さんが出入りされている間は何もできないので、床にワックスを掛けたり、メラニンスポンジで磨いたり、バイクの洗車をしたり…などなど、普段後回しにしている事が少し捗って、仕事とは違う達成感を感じる日でした。

キネティック・サンド効果はあるかな?

早速、レッスンで使ってみました。
生徒よりも私にとって、発見がありました。

私は子ども達の多くが指を鍵盤に対して突き刺していると思っていたのですが、思ったより握ろうとする気持ちを持ってくれていることがわかりました。
ただ指の関節だけで済ませようとしていること。

手の平から掴み取る感じを伝えるツールになりそうです。

それにしても、このキネスティック・サンドは本当に手が汚れないから不思議です。
不思議な触感でクセになりそうです。

やっと伴奏の譜読みをはじめました

今年は発表会でファゴットの伴奏をさせて頂きます。

みんなの馴染みのある曲を選んで下さったので難曲ではないのだけど…

当たり前だけど、緊張してきました。
はい、練習不足だからです。

この週末は初合わせ。
どうなるのだろう~

不安だけど、このドキドキ感。
懐かしいです!

キネティック・サンドで握ることを伝えられるかな?

今、室内で砂遊びができる「キネティック・サンド」が大流行だとのこと。

もちろん私はレッスンで使えないかなぁと思案中です。
指の動きを砂の穴のでき方で伝えられないかなぁ、と。

確かに穴の開き方は違うけれど、それを子ども達に伝えるには…。

もう少し考えてみたいなぁと思います。

ガーン(T_T)もう破れた…

自分でお手玉を作ってから、ほぼ1週間。
早速、破れてポップコーンの種がこぼれ出てきました。

もっと内側を縫わないとダメなのね…

聞き比べをします

発表会リハーサルまであと2週間。
子ども達の演奏曲でピアノと電子ピアノで弾き比べをしてみました。
和音の連打が難しいな、やっぱり。

リハーサルでは電子ピアノで練習している子とピアノで練習している子の聞き比べをしようと決めました。

楽器による違いがはっきりすれば、私がもっと保護者に明確に伝えられるかも。
そして買替えをしようか迷っているご家庭の為にも、何か参考になるかもしれない、と。

練習量で差が出るのか、楽器で差が出るのか、何が違うのか…
普段、子ども達の演奏はその時その時で指導していて、私は特に楽器の違いで指導法を変えたことがないのです。

何か指導のヒントになるかもしれない、と思います。

まだまだ勉強中です。

ピティナから受講証書が送られて来ました。
こんなのができたのね~昔からあったのかしら?

偶々ピティナ主催のセミナーが多かったのかな?

セミナーは内容で選ぶので、主催者を気にすることはまずないのですが…

何か地味に嬉しいものですね。
もっと努力しなきゃ!というか、とりあえず動いてみよう。

進度表を作りました

先週、「お家で何からやろう?」とお母さんが困ってらっしゃったので、進度表を作ってみました。

確かにやるべきことが沢山あって、はじめての方には混乱してしまいます。

また同じ事を一日に、何度も何度も繰り返ししても小さな子ども達は集中できません。

毎日数回が限界で、一冊楽譜が終わる頃に満遍なく出来ればいい、という気持ちで続けて下さいね。

ピアノはリサイタルのように毎日弾いて内容の濃い仕上がりにして欲しい。
この大切さを伝えるのが本当に難しいけれど、一番大事なんです。

雨でもご機嫌の休日でした②

そしてグランフロントへ。
篠山紀信さんの写真展が開催中で、今月18日までだったので「これは行くしかない!」と。
綺麗な方の最大限美しい瞬間を捉えている感じがしました。

それからヨドバシカメラへ。
ブルーレイを見に行きました。CSも録れるらしい。これは買うしかないでしょう。
とは言え、使うのはほとんど母なので、母の使い易い商品にしたいと思います!

詳しくお店の方のお話を聞いていると、いつの間にか20時半すぎ。
「アナと雪の女王」を観に行こうと思っていたのに、自宅近くの映画館の上映時間に間に合わず。
写真展の後、お茶したのが良くなかったな。

そして、お休みが終わりました。

さて今日からエンジンかけて、発表会まで気を引き締めてテキパキ仕事を進めます。
珍しくお仕事以外のお話でした。

雨でもご機嫌の休日でした。

母を空港まで送る予定があり、お休みなのに5時半起床、早起きの朝でした。
細々と用事を済ませると・・・少し眠くなり1時間程寝てしまいました。

練習した後、雨が降って来たけれど気にせず福島へ。
福島駅の高架下にお洒落でコアなお店が沢山できていて
何度も通いたくなる界隈に変身していました。

ブログで見ていた気になるスカーフをどうしても手に入れたくて。


そして今年流行りのチュールスカート。
発表会でも活躍すると思って。
オンラインで買えば良いのに、試着しないと買えないたちです。

どちらもイメージ通りで私にしては即決でしたよ。
小さいけれど、カワイイが沢山詰まったお店でした。

久しぶりにカスキ「激流」を弾きました

発表会が終わったら、師匠に呼ばれているので、久々でカスキ「激流」を弾いてみました。

こんなんやったかな?
音拾いをしたものの、結局レッスンに行けなかったから…。

今年はさすがにレッスンに行きたいです。

子ども達と一緒で、切羽詰まって来ると自分の練習をしたくなるから不思議

さて、とりあえずファゴットの伴奏と連弾と、子ども達の演奏で私が気に入らない所を、弾いてあげないとイメージ作れないものね。

そちらを先に片付けます。
はい、頑張ります!

体験レッスンに来て頂きましたが・・・

昨日、ピティナからのご紹介で小2の男の子の体験レッスンをさせて頂きました。
まだ楽器の準備ができておらず、電子ピアノとアコースティックピアノの違いを知りたい、とのことでした。

電子ピアノとアコースティックピアノの違いをどのように伝えたらいいのか。
おそらくピアノ講師、共通の悩みだと思います。

それぞれのご家庭の事情があるので強く言えないのですが。
電子ピアノは学校の授業についていくレベルが出来れば良しとする場合、それ以上を求めるならアップライトピアノが必要かな?と私は思います。

一時、電子ピアノも段々良くなっていると思っていたのですが、安価の電子ピアノも沢山出ており、外観では区別がつかずそちらに流れてしまうようです・・・(泣)

まずは、お友達の家にある電子ピアノで練習しながら通いたい、と仰って下さったのですが、2、3ヶ月の差は変わらないので楽器を準備してからはじめて下さい、とお伝えしました。
ゆっくり考えて下さっていいですよ〜後悔のないように・・・。

「待ってます」と私がいうと、男の子が「待っててね」って。可愛い〜。

こちらの動画に助けて頂きました。

サイズは違うけれど工程は全く同じです。
近所のおばちゃんに教えてもらっている感じです。
とっても助かりました。
ありがとうございます。
【お手玉作り 動画】

最近の子ども達は、折紙もYou Tubeで遊ぶそう。
上手に利用して行きたいものですね。

第3弾は1時間で完成です。

さすがに3回目は、スラスラ縫えました。

やっぱり気に入らない所があるけれど、レッスンに支障がないので、これでいいかな?

本当は今年流行りのギンガムチェックにしたかったのですが、ちょうどいい生地が無くて、ドットになりました!

淡い色がオススメですよ。

手前が完成品です。
まわりは、試作品や市販の残骸です。
いえ完成迄の過程ですね

第2弾を作りました

二回目を早速作ってみました。

市販のお手玉を解いてみると…ホントにポップコーンの豆が入っていました。

自分で作ったお手玉にポップコーン豆を入れてみると、なかなかいい感じになりました。

でも、少しサイズが大きいなぁ~。
もう一度だけ作ってみよう!
生地が同じなので、一回目と違いがわからないですね…。
少し上達しているつもりです。

市販お手玉のサイズが一辺8cm
私が作ったお手玉のサイズが一辺8.5cm
たった5mmなのにな…

お手玉を試しに作って見ました

市販のお手玉は黒く、ホコリが目立つのが気になって仕方ありませんでした。


今日は練習していたけれど、思うようにいかず、集中出来ないので、お手玉を自分で作ってみました。

市販のお手玉にはポップコーンの豆が入っているそうだけど、手芸屋さんにはペレット(プラスチックの粒)しか無く…でもお試しに作って見ました。

見た目の善し悪しはともかく…
市販のお手玉の方が上腕にかかる重みがわかり易いです。
やっぱり作り直しです。
第2弾は直ぐにできると思います

プログラムを作ってみました

発表会やホームコンサートのプログラムは、いつも私の手作りです。
Wordの基本的な操作は一通りできるので、プログラム作成で特に困ったことはありません。

とは言え、作ってみると・・・あれもできていない、これもできていない・・・。
今年は焦りがドドッと押し寄せて来ました。

自分にプレッシャーをかけることができるのも、自分で作成ならでは、です。
あ〜どうしよう。

もう少し修正をかけて、第1弾を仕上げてみます。

連弾の合わせは日曜日です

連弾は、基本的に私とするか兄弟でするけれど今年は、お友達と演奏してもらうパターンが何組か、そしてリレー連弾があります。

リレー連弾は、中学生に練習の負担を減らしてもらう為に悩んでいた所、偶々楽譜屋さんで見つけました。

「これだっ!」と思ったけれど、合わせの時間を作らないとダメなのです。
みんなが集まれるのは日曜日かな?

今年は頑張ってもらわなきゃ。

何からしたらいいのか、わからない!

私は伝えたいことが沢山あって、それを時間内ギリギリでします。
次の週、奏法からはじめて、音が浮いているとすごく気になると
そこに時間を取られてしまうこともあり、
その日は他の課題が止まってしまうこともあります。

子ども達にはがっかりさせてしまうけれど、それは仕方ないなぁと思います。

でも、本日保護者の方も沢山のことをしなきゃいけなくて「何からしましょ?」と
聞かれました。
もちろん「全部して下さい」と言いたい所だけど。

子ども達や保護者にするべきことを伝えるって難しいなぁといつも思います。
取りこぼしって絶対にあるものだし、その都度補うしかないです。
でも私だけがわかっていても仕方ないから、工夫の日々は続きます。

発表会まで1ヶ月です

昨日からお休み明けのレッスンがはじまりました。
本番までちょうど1ヶ月。
そろそろエンジンをかけて下さい~

エンジンをかけなければならないのは私だな。

でもその前に…

GW、子ども達はお出かけ、旅行に連れて行ってもらって
お土産をわざわざ買って来てくれました。
朝ご飯に頂きました。
どうもありがとう!

今日やるべきことを明確にしましょう

小さな子ども達は、まだまだ遊びたいし、遊んで帰って来たら眠たいし。
そういう中、保護者の方から、
「今日することをピアノの前に貼ってあげたら練習時間が伸びました。」
というお話を聞きました。

レッスンノートを作っても、なかなか見ないものね(涙)

子どもに関心のない親が増えている、という話も聞きますが。
いつもピアノレッスンにご協力下さる保護者の方に感謝しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。