スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習順番を変えてみてはどうでしょう?

オックス生地のシャツにアイロンをかけても
パリッとしない。

せっかく時間をかけて当てているのに
当て甲斐がなく苦手でした。

先日、お店の方にそう言うと
「ほとんどのシャツ全般に言えることだけど、
脱水をかけた後すぐ
アイロンをかけてから干してごらん。
綺麗になりますよ。」って。

ダメ元で、シャツや綿パンなど、コットン素材のお洋服を
まとめて洗濯して乾かす前にアイロンを当てると・・・

オックス生地や綿パンの厚地のお洋服がパリッと変身!
それはそれは感動的でした。

今までのアイロン掛けより若干楽な感じもします。
きっと、しんどさより完成度の高さに感動できるからだと思います。


ピアノの練習も同じこと。
いつも同じ順番でやっていると飽きてきます。

リズム、音名、拍子の順で1曲ずつする日があれば
宿題の曲全部をリズムだけやって、次に音名でやって。

ゆっくり弾いてみたり、可能な限り高速で弾いてみる。
フォルテの所をわざと、ピアノで弾く、またその逆もあります。

そうやって丁寧に曲と向き合うと、仕上げに楽譜通り弾くと
それがとっても簡単に見えたりします。


スポンサーサイト

コンクールを受ける姿勢とは?

「生徒とお母さんと先生が同じ方向を向いていないと
コンクールは受からないよ。
3人が協力しなきゃ。」

ふにゃふにゃになって諦めモードの彼女に対して
お話しました。


先生は練習の仕方を全力で伝えます。
それを家で実践するのは、子ども。
子どもが明らかに間違った練習をしている時
軌道修正をしてあげるのは、保護者の方です。
練習の取っ掛かりを保護者の方の声掛けで
子どもが発見できることもたくさんあります。
一週間放っておくと悪い癖が付いたり
レッスンで直した事が元に戻ってしまいます。


先月、彼女はピティナステップを初経験しました。
そして今月は、はじめてのコンクールです。

元々本番が大好きな彼女。
一つ一つハードルを超えて行って
ピアノライフの意識をあげる
きっかけになって欲しいと思います。

練習しているからこそ、付いてこれる!

Mちゃんは独創的な演奏をしてくる事がよくあります。
それが彼女の個性で、良い方向へ持って行ってあげたい
といつも彼女の演奏を聴くたびに思います。

個性的な演奏をして来ても、練習して来た日は
少し手を加えると、たちまちステキな演奏に早変わり♡

練習して来なかった日はあれこれ言っても
ぐちゃぐちゃになっていくばかり…。
涙が出るのは時間の問題。


とりあえず取り組んでみる。
楽譜を開けて、先生に言われた事を
少しでもやってみる。

一週間経って、自分が思うような演奏ができなくても
練習していれば、先生の言うことにすぐ対応できたり
対応できなくても、お話がわかるはず。

毎日の練習の積み重ねこそ全てです。

ピアニストへ近付くために必要な手の感覚とは?

スポーツやお料理をするために
効率的なフォームがあるように
ピアノにもより速く、より素敵な音を出すために
手に必要な感覚がたくさんあります。

(「子供たちはそんな手では速く弾けないよ〜」
というとお話を聞いてくれます。
私個人的には音質に拘って欲しいなぁと
思うのですが・・・)


「甘い、辛い」「硬い、柔らかい」
などの感覚は人それぞれ違うので

ピアノテクニックを伝える時
沢山の雑貨を使います。

多くの先生から教えて頂いたもの、それを
自己流にアレンジしたもの・・・どんどん増えて
少しずつ効率良いレッスンになっています。

断然、男の子の方が食いつきがいい。
時短で簡潔に言いたいことが伝わった時、
子どもが面白がってくれる時、本当に嬉しい。

何でも興味を持って好奇心旺盛で
ピアノレッスンに取り組んでくれると
やり甲斐を感じます。

私の最近の流行りは
低反発のベーグルパンとペットボトルです。
まだ使い出したばっかりなのに、ボロボロ・・・(涙)
こういうこともあります。

何に使うかは、レッスンでのお楽しみ!!
ということで。
グッズ

弾き合い会(ミニコンサート)のお知らせ

ミニコンサートの日程が決まりました。
2017年1月22日(日)10時〜です。

詳細は決まり次第、随時お知らせ致します。


ところで今日は、家族で誕生日会をしました。
お部屋を少し飾り付けしたのですが
こんなバルーンを見つけました。
かわいい♡
バルーン

カッチリした感じのミニコンサートが多いけれど
今回は可愛く飾ってみようかな?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。